岡田純良帝國小倉日記

<< やっぱり面白い、潮五郎節(下)。 | main | New York, Boston, Atlanta点描(上)。 >>
Soul Brothers & Sisters(4)
10月9日
Soul Brothers & Sisters(4)
 ジャケットか中身かがカッコ良過ぎて手放せないアルバム・シリーズその4。
 左からRoy Milton & Solid Senders、The Metersのデビュー・アルバムと2枚目、Elmore JamesのCollectables RecordsのCollection。そしてMuddy WatersとBuddy GuyののChess Masters Collectionである。
 Roy Milton & Solid Sendersを聴く人は日本だと少ないだろうけれど、50年代のLos AngelsでSpecialtyに遺したジャンプなR&Bは後のRock 'n’ Roll誕生前夜の躍動感が感じられるものだ。ドラマーとして、バンドリーダーとして有名なのに、日本では聴かれていないのが惜しい。
 The Metersの69年のデビュー・アルバムと、続く2枚目の「Look-Ka Py Py」。発売年が69年なのに、ジャケットは、New Orleans色全開だ。1枚目はR&B、Soulのメドレーがあるが、2枚目は、いわゆるFunky Beatで埋め尽くされているところが違っている。
 70年代に入って、天才・Dr. Johnが彼らを選んでバックに据えたのは、 Bob DylanがThe Bandを選び取ったようなものだろう。

Soul Brothers & Sisters (4).JPG

 Chessの名盤を中心に復刻させていたChess Masters Collectionに納められたMuddy Waters(The Real Folk Blues)、Buddy Guy(I Was Walking Through the Woods)。
 それと外見がカッコ悪いために損をしているElmore James御大。Collectables RecordsのCollectionは、言うこと無しだが、このElmore James(Complete Fire & Enjoy Sessions Pt.1)は、CDになって以降ボックス・セットでフォーマットが変わり、その全容が聴きやすくまとめられたようだ。
 80年代の後半から90年代初頭にかけ、毎月、少しずつ買い集めたもので、アナログ盤からCDに移行する期間でもあったから、その谷間に埋もれてしまい、ターンテーブルに乗せる機会が少なく来てしまったものでもある。

| 8音楽 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 14:37 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/7263
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE