岡田純良帝國小倉日記

<< いちばん偉大な日本の亡命者――オトコたちのからゆき談義。 | main | 気になる本――昔から暴走続きの超大国。 >>
またまた股旅に。
6月9日
またまた股旅に。 
 先ほど下北沢から帰宅した。柴山さんの雄姿。7時半から2時間。奈良さんと少し話して澄ちゃんと久し振りの再会だった。これ明日やらんといけんので、これから寝らんといけんのよ。
 月曜日からまたまた股旅である。今度は太平洋横断ではなくて、太平洋縦断である。ど香港、ど星港、そして、どシドニーである。
 そうなんである、米朝会談真っ只中の星港に突っ込んでいくってんだから、こいつは無謀であるんである(by 大隈重信)。
 困ったものだけど、地に足の着いた状況じゃないなあ。

小倉に残った外貨(1).JPG

 そういや、名古屋駅裏の中村遊郭の古食器市っての、行きたかったわねえ。遊郭建築が景観保存物に指定されるという時代になったわけだからねえ。
 帰宅する前にライン見たら100件も三河方面から入っておってさ。ママの店で盛り上がったようでええことよねえ。「夜の底に生きる」を読んでおってさ、ママも田村順子から引き抜きにあったという話も聞いたわねえ。
 (さて)
 やりたいことがあるんだけど、もう、無茶苦茶でございますがなという調子で、先々までも一杯にスケジュールが埋まってらぁ。やれんがな、ホンマの話でぇ。
| 10随想 | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 01:03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/7012
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE