岡田純良帝國小倉日記

<< Soul Brothers & Sisters(5) | main | Glen Matlock! >>
New York, Boston, Atlanta点描(中)。
小倉日記’18(第三十一弾)
10月11日
New York, Boston, Atlanta点描(中)。
 Bostonはそれこそ2000年以来、20年近く行っていなかったんじゃないかと想う。
今回のNew Yorkで印象に残ったのは、21世紀には本当に珍しく、Lincolnの長めのStretch Limoを観たこと。迎えに来た日の丸の○○さんが、目ざとく見つけて、
 「今では珍しいですね、30年前は走っていましたけど、今やSUVに変わって」
 60歳前後のベテランの○○さんも、俺と似たような感想を口にした。
 俺たちを迎えに来てくれた車種はSUV(Sports Utility Vehicle)というより、ミニバスに近いもので、多分、空港とダウンタウンを往復するミニバスの高級版で、運転席を入れて10名程度で革シート貼りのバンだった。 
 Bostonは元々市街地の造りが小さいからStretchなどには不適なのだが、ここも同じくFordのミニバスで、今ではStretchはモッサリして、カッコ悪いという価値観に入れ込み、すっかりSUVに変身して澄ましているのが笑ってしまう。
 面談した相手側からの出るキーワードでも、機を見るに敏、というか、勝ち馬に乗れ、なのか、如何にもアメリカ人。SDGsとかESGとか、規制とそのガイドラインとを同時にセットで作るのが好きな人たちだから、何時の間にか日本はそれに追随させられて苦労をさせられてきた。ルールを作りGame Changerになる。これが彼らの勝利の法則だ。
 Bostonは東海岸では、商業都市のNew Yorkや政治都市のWashington D.C.と比べると学園都市みたいなところを売りにして静かにしているけれど、東海岸ではヨーロッパ流の累代の財産を持っている人たちの集まる都市だ。人当たりもNew Yorkと違って柔らかい。

J.Geils Band!.jpg

 南部のDallasは同じ累代の金持ちでも石油絡みの金持ちで、東部への反感を持っているエリアで、もっといえば、ヨーロッパからはるか離れた西部劇の街で、Bostonの金持ちと随分毛色が違っている。Bush Familyはテンガロン・ハットが似合うが、Kennedy Familyには似合わない。彼らも南部人同様に強欲だが、外見だけではそういうニュアンスが通る。
 別の伝では、東岸のBostonは、西岸のLos AngelsやSan Franciscoとも違って、同じ年金でも、公務員年金より私立大学の教職員年金、高学歴者向け基金が多いのも特徴か。
 そして、あまり知られていないが、累代の金持ちで一族経営の個人ファンドもあること。例えば、この街で生まれ、この街のHarvardとかMITで勉強して、駆け出しではこの街の年金基金で投資のイロハを勉強し、それから一族の年金を運用する。そんな人種が静かににっこり笑って港の入り江の「Boston Chowda」でFish Chowderをすすっていたりする。
 丁度辻静雄(1333-33年)の半生記を読み直していて、Bostonの喰いしん坊の話を読んで、別の話を想い出した。B.R.だ。Bostonの生まれ育ちの女性で、元気なら、今頃還暦前後だ。地元の高校を卒業後、フランスに留学し、学位を取り、フランス男と結婚して、離婚した。俺が知ったのは、帰国後、New Yorkに移り、地元っ子のカタギと再婚し、Madison AvenueのPR代理店に勤務している時期だった。

  「Tom Atkins, James Brown and the then mayor of Boston, Kevin White – Boston, April 5, 1968」(by Bob Dean)。.jpg

 New YorkならWhite CreamかTomato SauceのClam Chowderが名物だが、BostonではCod(タラ)の破片が溶け込んだWhite CreamのFish Chowderも旨い。Shrimp SandwichもBisque Lobster Soupも。そこがこの街の奥深さ。日本の金持ちに似た人種が多いかも知れない。彼らは目立たずに黙って静かに暮らしている。十年一日の如く、その暮らしは中欧の人々の暮らしぶりにちょっと似ているかも知れない。
 「卒業式のシーズンです」
 運ちゃんは陽気に言った。俺の入ったのはHarvardの卒業式が終わった後で、週末にはMITの卒業式があるという卒業シーズンのド真ん中だった。
 Old Townには午後早くから学生が溢れて、Pubでは盛大にやっていた。発祥のイギリス本国のPubは、今でいうGastro Pubでもなければ話にならないが、Bostonの老舗Pubはイケてる店が多い。Samuel Adams Breweryがあり、伊勢海老、手長海老、小海老があり、牡蠣、蛤、アサリがあり、鮭とタコがある。
 「アタシは味が分からないの」
 アメリカ人を嫌いになれないのは、B.R.がメシの度に言った言葉が忘れられないからだ。彼女とは20年近く連絡を取り合っていないが、彼女は、Bostonの女という感じがある。


追記
今日は某地でGと清談予定。その後、浮世の義理ではないけれど、Cheap Trickに。忙しくてタマランねえ。タマランですらい。
| 10随想 | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 06:13 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/7002
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE