岡田純良帝國小倉日記

<< 気になる本――持ちつ持たれつとは言うけれど。 | main | 手元にある本――勤労動員世代の食欲(上)。 >>
カップヌードルの復讐。
3月4日
カップヌードルの復讐。
 中国国境にもそれほど遠くない某所に到着した初日の深夜と翌朝の早朝は、立て続けにインスタントのラーメン。せっかくこんな土地に来たにも関わらず、深夜も早朝も彼らのような誇り高かった人々にインスタントを喰わされるとは想像もしなかった。
 (うーん、時代は確実に変わっとるわい)
 何時ぞやのタイもそんな時期があって、トムヤムクン・スープにお好みで生麺とインスタントの麺とを選んで入れられるようなメニューを揃えた屋台が大流行していたものだ。

20180303 (掲載・卵入り湯で麺)

 今回のベトナムは我が家にとっては6年ぶりのようだが、走っている乗用車も、ベンツ、レクサスなどが目に付く。マイカー時代到来で、本格的な大衆レジャーブームも喜ばしいことなのだろう。だが、どこかに苦いような既視感がこちらには打ち消し難くある。
 PM2.5かどうか――くしゃみと鼻水。雲南から流れてくる真っ赤な川沿いは明るい赤土が臓物のように剥き出しに。乱開発で山の斜面から鉄砲水のような水流が延々と道を濡らして下ってくる。
 インスタントのフォーを喰いながら、カップヌードルのあの衝撃的なデビューの時代を思い出した。半世紀に近い時間が経っていた。復讐するは我にあり、なのか?

20180302 (Pho Bo)
| 6旅・行動の記録 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:14 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/6792
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE