岡田純良帝國小倉日記

<< 開高健補遺(中)――旅についての備忘録。 | main | 開高健補遺(下)――金子光晴になり損ねた男。 >>
小倉の神棚、2018。
1月9日
小倉の神棚、2018。
 母娘にフィギャー好きと陰口を叩かれるダンナ。
 ガネーシャはアクビ娘の一枚。神前のお供え餅は瀬戸の素焼き。こちらは“我が偉大なる女房”のもの。
 だから俺のチョイスだけではないのよ、念のため。

小倉の神棚。
| 10随想 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:54 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/6656
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE