岡田純良帝國小倉日記

<< 残置書籍の一部 | main | アジアン・ハイウェイを夢みて――パッタイ喰らい。 >>
気になる本――信州人と江戸っ子と(下)。
2月13日
気になる本――信州人と江戸っ子と(下)。
「唐木順三 あめつちとともに」[澤村修治著, ミネルヴァ書房]
 昨日までは信州人の頑固さを、つい悪い癖で増田甲子七と熊井啓を対比させ、からゆきさんの話まで持ち出して、いじってしまったが、これとタイプが全く違う信州人もある。それが唐木順三(1904-80年)と聞けば浮かぶ古田晁(1906-73年)である。

       古田晁.jpg

 世間の常識を逸脱したトッパズレな出版人、古田晁も信州人らしさがあるといえばある。中野重治の随筆を記念すべき第1冊目の書籍として出版したが、戦中から敗戦後にかけ、太宰治にも肩入れした――という言い方は俺にはキレイ過ぎる。
 古田晁は死の前日に熊井の「朝やけの詩」を観に出かけている。もう戦後ではないから、カストリ焼酎ではない。上野の映画館での鑑賞の帰りに神保町のバー「ラドリオ」に寄り、ママに「『朝やけの詩』を見ながら泣いてきたよ」と語っている。
 このママは武田百合子(1925-93年)ではない。武田百合子は同じ神保町でも戦後間も無い「ランボオ」時代に店にウェイトレスとして勤めていた。

       「太宰治全集」[筑摩書房]表紙。.jpg

 「朝やけの詩」は1973年作品で、仲代達矢(1932年-)と関根惠子(1955年-)親子に恋人役の北大路欣也(1943年-)が絡む。撮影で18歳の関根惠子のヌードが話題になったのはよく憶えている。
 映画の筋はうろ覚えだったが、これも信州の山林の乱開発を告発する映画だったのだ。73年はオイルショックのあった年だから、乱開発にも急ブレーキがかかったわけだが、実際、田中角栄の「日本列島改造論」は大ベストセラーになっていた時代だ。
 これより20年前はまだ戦後は色濃く残っていた。古田晁は「火の車板前帖」[橋本千代吉著, ちくま文庫]の中で、屋台で、ラーメンを喰いながら、同時に脱糞して尻まで拭く秘技を持つ人物として描かれている。
 同書は、焼跡・闇市時代の新宿角筈の風景が出てくる。古田と臼井吉見(1905-87年) 、そして同窓の先輩の唐木順三。彼らは「ちくま書房」創立で集まった同志だ。同士が必ず流れていく店が「火の車」。そこで店主の草野心平(1903-88年)が待ち受けていたわけだ。

  キネマ旬報「朝やけの詩」撮影現場より。.jpg

 彼らは、皆同世代で、信州人グループと磐城の人・草野心平はウマがあったのだろう。だが、同じく同世代でも、江戸っ子の小林秀雄(1902-83年)は銀座で小林のグループとで呑んでいたわけだ。唐木・古田・臼井・草野の4人が銀座に好んで行くとも想えない。
 讀賣は、同世代の2人の思索家を対比した部分を引いて、結果的に秀逸な書評となっているので引きたい。
 「白眉は小林秀雄の『無常といふ事』と唐木の『無常』を比較しての小林・唐木対比論である。
 『小林には緊迫があり、唐木には明晰がある。小林には断言があり、唐木には説明がある。小林は押っ取り刀で駆けつけていきなり一刀両断する。唐木は腰に大小をきちんと差して悠然登場しまずは構えから入る』
 『小林は詩人肌で鋭敏な都会人である。一方の唐木は教師肌で野の人である。どちらも近代批判の眼と念はきびしいが、小林には青ざめた街を歩く趣味人的繊細があり、唐木には緑の山脈を眺める田園者の質実がある』」
 江戸っ子の小林秀雄の「無常といふ事」[創元社]は敗戦後間も無い1946年に出版された。信州人の唐木順三の「無常」[筑摩書房]は1964年に出た。
 文芸評論を生業とする著者は1960年生まれだ。「正論」などにも寄稿する。当方と同世代。大敗戦を経験した20世紀でも、知性によって日本の歴史を見通そうとした人物に焦点を当てていることに大いに共感できる。(本社特別編集委員・橋本五郎評、讀賣新聞)


追記
これから出立。またまた関東横断。寒そうでありんす。
| 9本・記録集 | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 06:37 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/6630
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE