岡田純良帝國小倉日記

<< 原稿の修正は言わせるだけ言わせてから――。 | main | 1970年代末のLondon――Brian Setzerもあの一角に住んでいたとはねえ。 >>
気になる本――ヴェニスの商人とニッポン人奴隷。
7月12日
気になる本――ヴェニスの商人とニッポン人奴隷。
「大航海時代の日本人奴隷」[Lucio de Sousa、岡美穂子著, 中央公論新社]
 面白い本が出たねえ。遠藤周作の「沈黙」の裏を行く歴史的な事実の裏書になる一書だ。
 「江戸時代が始まる直前直後の時期には、ヨーロッパやアジアの各地、さらにはメキシコやペルーなど新大陸にまで、かなり多くの日本人の男女が奴隷や期限付きの契約使用人として運ばれて暮らしていた。その大部分が現代の言い方では人身売買に相当するが、そこにはポルトガル人の商人が深くかかわっていた。本書は、彼らの奴隷化の経緯や海外での暮らしの実例を、スペイン・ポルトガル植民地の公文書を丹念に読み解くことで再現した労作である」
 1577年に大分県で生まれた「ガスパール・フェルナンデス」(日本名不明)は8歳頃には人さらいに遭って、長崎にいたポルトガル人商人(実はユダヤ人)ルイ・ペレスに買い取られた。ところがルイ・ペレスは商人ではあっても追っ手に追われる逃亡者だった。

         シェークスピア像.jpg

 「形だけカトリックに改宗しているユダヤ人だとして異端審問所に告発され、ポルトガルからゴア、マラッカ、マカオと流れてきている人物だった」
 長崎に追っ手がやって来ると、ペレスはガスパールを連れて一家で長崎から逃亡する。マニラから流れ流れてメキシコ・シティーまで。奴隷となったガスパールはメキシコ・シティーで奴隷解放の訴訟を起こしたために歴史の彼方からこうして蘇ったわけだ。これはスリリングだねえ。考えただけでも面白い。
 結局、ガスパール・フェルナンデスは奴隷身分から解放され、自由市民としてメキシコ・シティーで生涯を終える。
 「メキシコで発せられた裁判所の命令にもとづいて長崎でポルトガル人が証言をして、その証言書類がマニラを経由して着実にメキシコに届けられるといったスペイン・ポルトガル帝国(当時は統合されたひとつの王国だった)の精緻な情報伝達のシステムであり、その厳格な文書主義だ。それが一六〇〇年頃にすでに帝国各地で確立していた」
 ガスパールが10歳となる1587年、豊臣秀吉(1537-98年)はイエズス会の九州の副管区長に対し、ポルトガル人に日本人少年少女を買い付けて奴隷にすることを中止するよう命じた。キリスト教を禁じた当時の為政者の立場も再度斟酌される必要があるだろうと想う。(作家・翻訳家・明治大教授・旦敬介評、讀賣新聞)
「天下人の父・織田信秀」[谷口克広著, 祥伝社新書]
 ,離スパール・フェルナンデスは日本で織田信長(1534-82年)が天下人になっていく時代に生まれている。日本でも、スペイン・ポルトガル帝国は国際的ネットワークを駆使して、やりたい放題をやっていることは各地で問題になっていた。

         織田信長像(三寶寺蔵).jpg

 スペイン・ポルトガル帝国ではフェルナンデス誕生に先立って、国王がすでに日本人の奴隷売買を禁じている。日本人奴隷は知的で勤勉だったために市場が急激に拡大し、これにイエズス会が深く関わっていることを憂慮したためという。
 奴隷はキリスト教へ強制的に改宗されたため、日本では、後にこれも禁じられている。Shakespeare(1564-1616年)の「ヴェニスの商人」は、まさにこの頃に書かれたものだ。スペイン・ポルトガル王国ではなく、ヴェネツィア共和国だから日本人こそ登場しない。しかし現実に、日本人はその時代、地中海を主人についてうろうろ行き来していた。一気に「ヴェニスの商人」は近しいものに見えてくる。過去が飛んで来る瞬間だ。
 本書は信長の父・信秀について書かれたものだが、父子は共通点が多かったようだ。
 「旧権力を推戴しての勢力拡大、家臣の城下集住、篭城戦は選択しない、農政よりも商工業振興など(中略)。城を軍事施設ではなく経済拠点とみる発想があるようだ」
 楽市・楽座、幹線道路拡充、宿場町の整備、度量衡統一等、天才的な政策を短期の間に打ち出した。信長は九州平定を前に本能寺で倒れたが、安土城の内装には仏教・道教・儒教関連の宗教画を描かせている。もし生き延びたらイエズス会とどう向き合ったか。比叡山の僧兵は殺しても宗教は禁じなかった。500年前の人物で風貌を一目観たいと思わせる数少ない男。(日本史学者・明治大教授・清水克行評、讀賣新聞)


追記
雨になって暫く降っています。5時間続けて降るなんていうのは、殆ど無いことなので、地下鉄が冠水したりしないかだとか、余計なことが心配になるけどねえ。諸方から心配だとのご連絡を頂きますが、全然、問題ありまっしぇん。ということで、再び、深く静かに潜行します(つもり)。

追記の追記
アンギュラス、叩かれとるようやなあ。甘く見ておったんでしょう。政権末期は大抵のところこういう意見が出る。

   「Make a Mess of the Messe」ポスター。.jpg
| 9本・記録集 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 06:22 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/6320
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE