岡田純良帝國小倉日記

<< 気になる本――いとはんの苦難、ねぷたのリズム。 | main | 気になる本――阿部眞之助の目線。 >>
今日の1台――Harley Davidson Low Riders(2017)
3月17日
今日の1台――Harley Davidson Low Riders(2017)
 某所で見かけたHarley DavidsonのLow Riderの2台。好き者仲間の2人がつるんで乗って来たものだろう。ロンドンでは、人気のテレビ番組もこのバイクみたいなので旅をするのがあるからな。
 しかしこのHarley Davidsonは、ロンドン北西部、Glen Matlockの生家にほど近いBikerの聖地、Ace Cafeのような場所に行くには勇気が要るだろうね。某国系かアメリカ人か、はたまた、よほどのアメリカ好きか。

Harley Davidson Low Riders (1)

 同じLow Riderでも、ちょっと観れば、Cafe Racer仕様に改造している人は沢山いて、こちらはLAの女性Riderだ。長髪を風になびかせて、スカシてますな。キライじゃないけどね、こういうトッポイお姐さんは。

Harley Davidson Low Rider Cafe Racer with Girl Rider at LA(掲載).jpg

 そうこうしている内に、親子連れらしい古いAston Martin db5が我々の歩く歩道の脇の路上中央に停車。
 (ドゥルドゥルドゥルドゥル)
 獰猛な犬が舌を出してハーハーしているみたいなアイドリング。
 「あら、可愛いじゃない」
 “我が偉大なる女房”が言うが、そりゃ、言うまでもないだろう。1963年の初代Bond Car。まがうこと無き本物。しかし、おっさん、外出から戻って、自分の家のガレージに停めるところだった。

Aston Martin db5 1963 Bond Car

 こういうの、いいんだけど、きっと、この人は自分ではメカをイラわないんだろうなぁ。ちょっとそこは俺なんかみたいなのとは違う趣味だけどな。自分で触らないとカッコ悪い。
 目の玉の飛び出る派手な金遣いの金持ちはアングロ系の米・英・中と中東アフリカに多く、財産を持っていても、静かに地味にしてるのが仏・独・伊やスイス・ベルギー・オランダ・我らがニッポンといった国々。社会性が違う。
 それでも、アメリカさんは人のことは気にしない。しかしイギリスは息詰まる島国だから、やっかみがあるねえ。それが根強い共産主義信奉につながっていく。
 まぁ、指をくわえて皆さんの人生を愉しむ姿を観ているばかりの俺。それもまた、ジンセイヤンけ。観察するのは愉しいし、何時の間にか自分の中に溜まっていて、突然、口をついて言葉になってほとばしる。それが面白い。


追記
周辺は俄かにきなくさい兆候が。コイツは何だろう。返信無し、断りあり。異国で誰かが会っている相手は選挙後が見えているヤツなのか。うーん、直ぐには見え難い話よ。これから何本か方々へ電話だわい。
| 10随想 | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:23 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/6132
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE