岡田純良帝國小倉日記

<< 気になる本――足りるを知るものは富む。 | main | 気になる本――ポピュリズムの取説。 >>
今日のひと口(7)――Spain Morcilla de Burgos
3月14日
今日のひと口(7)――Spain Morcilla de Burgos
 スペインで買ってきた米入りの血のソーセージ、「Morcilla de Burgos」。コイツは強烈なコクがありまするなあ。
 ともかく、バルでピンチョスを喰っているのが日本人にはお似合いで、レストランなんかに入ると、とてつもない量がドドーンと出てくる。
 旨くとも、量があり過ぎて、残すことになる。半分にしてくれとか、予め頼む必要があるから面倒だ。
 このソーセージも、米が入っていて、こうして輪切りにして焼くから、ブルゴスの寿司という言い方もされる由。元々、血のソーセージは猛烈に気に入って、くどいほど書いて来たけど、常備しておかないと不安になるくらい好きになったわけだった。こちらのブルゴスの米入りも凄いですな。
 日本人とは相通じるものがあるわねえ。

モルシージャ デ ブルゴス

 今、俺の暮らすロンドンはローマ時代からの世界最古の都市のひとつとされているわけなんだけれど、ローマ人が住み、市内には4箇所のスチーム風呂があったっていうわけだよ。しかしそんなローマ人の文化の遺風はどこに残っているってんだろうか。
 大衆浴場があって、八百万の神の存在を認めるなら、もっとずっと生き易い社会になったんじゃないのか知らんと思いますわねえ。
 こんな血のソーセージを喰らって、ワインをガブガブのんで、隣のヤツと肩を組んで高歌放吟するような、ずっとずっと人間らしい暮らしってのがあったんじゃないのかな。どうも、そう感じてしまうほど、俺は○○○○教は気に入らないんだわ。

追記
これから出撃。困ったことに相手が悪いけど、仕方が無いわい。南町奉行としては新米じゃねえ、わいも柔軟に行くことにするわい。
| 10随想 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/6129
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE