岡田純良帝國小倉日記

<< 今年のトピックス――五木食品の大躍進。 | main | 名古屋の“くノ一”が広島参上。 >>
今週の気になる本――美辞麗句、OK?
12月20日
今週の気になる本――育ちは育ち、それで結構。
 「ギターとたくあん 堀威夫流不良の粋脈」[村松友視著, 集英社]
 ホリプロ50周年で配られたという本書。著者はこのタイミングで本書を著したとは中々興味深いところだ。
堀威夫(ギタリスト)もナベプロの創設者の渡辺晋(ベーシスト)もバンドマン上がりだった。渡辺晋が結婚した渡邊美佐も、元々通訳兼マネージャーだったのは知られている通り。
 「面白い新人がいる、というので大阪へ飛ぶ。ゴーゴー喫茶でエルビスを歌う大柄な少女は、踊る客の足を止め、圧倒した。堀は即座に『これでいこう』と決める。和田アキ子の誕生だ」
 これは昔から語られていた堀威夫と和田アキ子の出会いの場面だが、その大柄な少女の生い立ちについては、長い間、あまり語られていなかった。
 大阪生野区・鶴橋の柔道場、「金海道場」の娘だった金海福子(生年は1949年とも1950年とも)。今や、あの「AERA」にも、やっと事実が明記される時代になった。
 和田アキ子は金海福子であり、実家の「金海道場」の片隅では、北朝鮮では次の指導者と目されるようになった金正哲の母親・高英姫(春幸)とはよく遊んで面倒を見ていた話は、割合に昔から知られていた都市伝説でもある。
 当時、高英姫の父親は「東亜プロレス協会」を旗揚げして、道場でトレーニングを積み、当時は大同山又道(高泰文)という名でリングに上がっていた。当時の日本のプロレス界は、半島から渡ってきた力道山が君臨していたから、半島とプロレスの間の垣根は低かった。

           「ギターとたくあん」表紙。

 当時は、道場の傍にある「大師湯」(住所:大阪市生野区鶴橋1-4-2 電話:06-6741-6471)で道場に通う者は汗を流したというから、高英姫もここの湯につかったのかも知れない。
 現在、和田アキ子は帰化して、日本人となった。とはいえ、従来、芸能界ではこの手の在日外国人だとか被差別部落の出身者だとかいった噂話に事欠かず、プロダクションも、一貫して「人買い」の都市伝説を背負ってきた。
 こちらの周囲にも、「人買い」のプロダクションの世界に翻弄された人がたくさんある。だから、弱小プロダクションでは、日本刀だとか、薬物だとかいう、およそ世間の陽の当たる通りを歩けないような日陰者の使う飛び道具が出てくることも知っている。
 ともあれ、こちらにとって、大手プロダクション所属のバンドマンというと、やっぱりクレージーキャッツだ。彼らはホリプロではなく、ナベプロだった。やっぱり彼らには最期まで怪しい雰囲気が漂っていたと想う。
 今年は谷啓が鬼籍に入った。世間はどう感じるか知らないが、1970年頃、この大先輩の三鷹の豪邸の庭にはプールがあったと聞いて、俺には感慨があった。バンドマン風情がプール付きの家に住めるなんて、このニッポンでは考えられないことだ。つい先だって、当時、三鷹駅前の酒屋で出前のバイトをしていたことのある知人から聞いた話だ。
 堀威夫はその伝では、芸能界の地位向上のために刻苦勉励してきたといえるのだろう。ホリプロは一部上場まで果たして、経団連入りを果たしたのだそうだ。知らなかった。息子の小学校受験の面接で、面接官の反応に一念発起したのだそうだ。
 意気や良し。だが、どうも本書も堀威夫を持ち上げっ放しだ。だからかどうか、書評もどエラく胡散臭い。
 「七十歳を超えてギターを習い出した」
 こう書かれているのにはひっくり返った。堀は60年前から“ギタリスト”だというのに。(書評家・岡崎武志、東京新聞)


追記
体調不良が続いております。
| 9本・記録集 | 06:38 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 06:38 | - | -
コメント
大同山と高英姫が大師湯に通う頃に、鶴橋と天王寺区に二カ所金海道場は存在したのですか?現在は、何カ所ですか?和田アキ子は、KCIAでありながら、北朝鮮政府と連絡とりあっていますか?

mixi RAMBO
Gree RAMBO
| 世良 康雄 | 2015/06/08 2:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/3565
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE