岡田純良帝國小倉日記

<< 今週の気になる本――死の匂い。 | main | 乾いた凍土の大国2つ――毛沢東の向こうに見えるアメリカ(下)。 >>
乾いた凍土の大国2つ――毛沢東の向こうに見えるアメリカ(上)。
*以下は9月末に書き起こしたもの。現在は獄中に意図的なデマ流布の由。何だかなぁ。

10月11日
乾いた凍土の大国2つ――毛沢東の向こうに見えるアメリカ(上)。
「毛沢東 ある人生(上・下)」[Phillip Short著 / 山形浩生・守岡桜訳, 白水社]
 著者はイギリス人のジャーナリストで、フリーランス記者としてUgandaに渡った後、BBC特派員となり、その後、1970年代に中国に渡った。夫人は中国人である。
 朝日新聞では、保坂正康が本書を次のように紹介している。
 「現在、中国の知識人に毛沢東の功罪を尋ねると、大体が口ごもりながらも『功が七割 罪が三割』と答える。この比率がなぜか共通している。ある研究者が『小平がそう答えたから』と教えてくれたが、本書を読んでいて、実は毛沢東自身がスターリンを、『功績七割、錯誤三割』と評していたことを知った。毛は自身が七三の評価で語られていることにどのような感慨をもつだろうか、そんな思いの起こる書だ」

        蒋介石と毛沢東。
 中国をめぐる第一の「IF」は蒋介石が統一していたら…である。俺は親中派になったかも知れない。

 これまで出た毛沢東の評伝については、日本経済新聞で、毛里和子が次のように状況を解説している。
 「これまで出た詳細な毛沢東伝は二つある。中国の公式党史で一番権威がある金沖及の『毛沢東伝』およびユン・チアンとジョン・ハリディの『マオ』である。だが、前者は毛沢東礼賛に終始しており、とても客観的とは言えないし、逆に後者は、『毛沢東は生まれた時から悪いやつ』で『軍事的にも政治的にも理論的にも無能だった』と描き切ろうとしていて、これもまたとても危うい」
 保坂正康はそこで本書の公平性について次のように解説する。
 「中国共産党の草創期から活動期の内実は、国民党との闘いだけでなく党内の理論闘争の激しさもあり、そこで毛はどうふるまったか、権力に近づくその因はゲリラ戦から機動戦に進んでいく折の実行力が大きかったことがわかる。国共合作が蒋介石のクーデターによって解体したあとの内戦の残虐さも著者は正確に書く。
 国民党右派と通じているとの疑いでAB団(反ボリシェビキ連盟)摘発など、そこでも毛は一定の役割を果たしていたと言い、粛清そのものへの毛の役割も偏見を排して客観的に裏づけている。
 長征、内戦による勝利、中華人民共和国の建国、その後の朝鮮戦争、百花斉放運動、中ソ対立、そして文化大革命という中国史はかなりの部分毛の意思によってつくられた。文革にはかなり頁(ページ)をさいているが、『主席の名の下に拷問と殺害をおこなった紅衛兵は――地主を撲殺した農民のように――毛沢東主義に後戻りできない形で身を投じてしまった』との表現は痛々しい」
 1970年代の北京では、確かに毛沢東の存在は大きかっただろう。だが、存在はあまりに大き過ぎて見えなかったのではないだろうか。毛沢東の功罪については、21世紀にかの凍土で過ごしたこちらにとっては、「功が一割、罪が九割」という感じがある。

        毛沢東と小平。
山賊集団の首領と片腕。もう一つの「IF」は、文革なかりせば…である。かの地は変わっていたかも。

 林彪も小平も、毛沢東の進めた文化大革命の罪の前では、全てが吹き飛んでしまう。大殺戮と下放によって、人も土地もモノも過去と全てが断ち切られてしまった。過去に正統性があったとかどうかは無関係だ。特に知識人が殺され、過去と断ち切られた点が、救いようのない現在の状況を産み出したと想える。過去の歴史について、今の彼らは、あまりに無知だ。伝統を自ら踏みにじったゆえ自信も無く、その裏返しで傲慢になっているに過ぎない。
 その中国と同じような部分があるアメリカを、これまでヨーロッパがどう見てきたか、は、明日。そこには我々日本人にとっても示唆に富むものがあるはず。(ジャーナリスト・保坂正康評、朝日新聞 / 早稲田大学名誉教授・毛里和子評、日本経済新聞)

追記
劉暁波の主張は2006年に日経ビジネスに掲載されており、この中で、劉は文革の罪を直視して、太子党の跳梁跋扈をくい止め、腐敗を正さない限り、真の発展はないとハッキリと記している。この文章を紹介したいのだけれど、今、暫く。
本日は晴天也。これから某提督の家へ。バサラ。

追記の追記
Solomon Burke、オランダの空港で自然死で発見された由。最後の来日、観た人はどうだったのかな。John Lennonの命日に死んだ同年生まれの男。合掌。
| 9本・記録集 | 07:20 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 07:20 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://punkhermit.jugem.cc/trackback/3463
トラックバック
下放 げほう
毎日変わる、新しい情報をチェック!話題に困ったら………******トレンドが1分でわかる。毎日更新情報!******〔トウ〕小平秘録(上)..... おいしい中国..... 尖閣ビデオを衆院に提出、那覇地検は調査中? ば、反日デモはとりあえずいったんこれで収束することになる。
| 海鮮好み焼き | 2010/10/29 1:30 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE